2017年6月20日火曜日

仙台国際ホテルの朝食ビュッフェ

★上質な空間でいただく、約70種類のこだわりの朝食



仙台駅から歩いて5~6分、高さ13mの東洋一の長さを誇る一枚ガラスに囲まれた
明るく開放的なロビーがあるホテルです。



一休.comの2,000円割引クーポンを利用して、1泊朝食付きで6,237円でした。


フロントでウエルカムドリンク券、朝食券、ショップとレストランの割引券をもらいました。

ウエルカムドリンク券は1階のコーヒーショップか客室内の冷蔵庫から好きな1本を
選んでも良いそうです。お酒を飲む人は冷蔵庫のビールの方がいいのかな?


客室は7~12階で、今回は10階の部屋でした。


標準的なシングルの広さなのでしょうが、湯瀬ホテルの後なので狭く感じます。


これじゃあ小テーブルが使えない・・・



シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、フェイス&ハンドソープはPOLA。


ズボンプレッサーが常備されているのは嬉しいです。


朝刊のサービスもありました。



朝食ビュッフェは1階のコーヒーハウスで食べます。
ここのコーヒーハウスはホテルのオールデイズダイニングになっています。


ウエルカムドリンク券を利用してコーヒーを飲みに行きました。


コーヒーの味は普通でしたが、雰囲気がすごく良かったです。


店内にはいろいろな形のデザインの席があります。



13mの1枚ガラスの近くの席は滝が見えます。
明日の朝食はこの席がいいな!



では楽しみにしていた宮城ご当地グルメの朝食ビュッフェを紹介しますね。






























窓際の明るい席に案内されました。ラッキー!


漬物と牛たんのハムが美味しかったです。


麻婆焼きそばと牛たんカレー。仙台国際ホテルの牛たんカレーおすすめです。



デザート3種+ずんだ餅
コーヒーは昨日のより美味しかったです。


とても全種類は食べられません・・・
宮城県の郷土料理やB級グルメが食べられ満足度の高い朝食ビュッフェでした。

→ 仙台国際ホテル 朝食ビュッフェ


あとは帰るだけ・・・

今回の旅行は東北3県、秋田・岩手・宮城の郷土料理をたくさん食べることができました。
特に美味しかったのは秋田のきりたんぽ鍋と山独活(やまうど)溜り漬け、山菜の味噌汁、
厚焼き卵、岩手のめんこい牛の肉じゃが、宮城の牛たんハムと牛たんカレーでした。


関連ページ
→ 初めて夜間高速バスに乗ってみました!
→ 早朝の盛岡で贅沢な時間潰し
→ 秋田づくしの宿★湯瀬ホテル
→ 地産地消★秋田づくしのバイキング
→ 福の神 仙臺四郎さんと伊達の牛たん本舗
→ 仙台→新宿★昼の高速バスは快適だった!
★面白かった、役に立ったと思ったらクリックお願いします。→ → →


0 件のコメント:

コメントを投稿