2016年12月6日火曜日

明治・大正の街並みをイメージした屋台村

★小樽「出抜小路(でぬきこうじ)」



出抜小路は泊まったホテルから小樽運河沿いを歩いて3分、交差点の角地にあります。

蔵や洋館などの建物が隣接した屋台村で、現在12社14店舗が営業しています。





出抜小路2階の小部屋には模型がありました。




2階は迷路のようで楽しいですよ!


火の見やぐら(展望台)にも行ってみました。


狭い螺旋階段を登っていきます。


火の見やぐらから見下ろす出抜小路。


小樽運河も望めます。


写真スポットのようで、外国人観光客が多いです。




2階に通じる裏口


気になっていたお店3店に行ってきました。


★なると       鶏の半身揚げは待ち時間が長くて断念。



★北とうがらし   一人でもジンギスカン鍋で食べれますが、今日はお弁当にしました。





お肉の量もたっぷりで850円です。付け合わせはキムチ。



★ばくだん焼き本舗 直径8cmの巨大たこ焼き? 持ち帰ったら萎んでいました。



しめじやうずらの卵などの具が入っていました。1個400円~。


皆さんも札幌や小樽に行かれた時に立ち寄ってみてくださいね・・・

→ 小樽出抜小路

★面白かった、役に立ったと思ったらクリックお願いします。→ → →


0 件のコメント:

コメントを投稿