2016年6月30日木曜日

タイで買ったスマホに大満足!!!

★ASUS(エイスース)の「 ZenFone Go TV(ZB551KL)」



RAM:2GB、ストレージ:32GBモデル

3日間、MBK・AIS・DTAC・サイアムパラゴン・Big-Cなどを探し回り、
低価格・カメラ機能・Dual SIM・Dual Standby・TVチューナー付のZenFone Go TVに
決めました。

購入したのは「EmQuatier(エムクオーティエ)」3階のBaNANA。
BTSプロンポン駅前にあり、何かあった時に行くのにも便利です。

どのお店でもカタログに掲載されている価格でしたので、VAT還付手続きができ、
行くのに便利なBaNANAにしました。

各店の違いは在庫の有り無しやメモリーカードのサービスが有るか無いかです。
怪しいお店だと偽物ってこともありますし・・・

展示してあっても在庫が無いお店も多く、在庫があっても希望の色が無かったり・・・。


BaNANAでは16GBのMicro SDHCのサービスがありました。


初期設定は全て行ってもらいました。
スマホは触ったことがないので、全てお任せしました。


その間にVAT還付の書類を作ってもらいました。


昨年から探し続けていたのですが、やっと納得できる機種を見つけました。
色々アドバイスをしてくれた読者の方、ありがとうございました。

滞在期間は実質6日間しかなかったのに、3日間も費やしてしまいました・・・

現在のタイのスマホ市場をみると、何もMBKまで行く必要ないですね・・・
但し、2シーズン落ち以上の旧スマホはMBKでしか見つけられませんでした。
購入候補第二希望のhonor6 Plusも、あったのはMBKだけでした。

優先順位1位 ★価格


・購入価格は5,990バーツ(VAT還付で5,740バーツ)

展示品は日本語になっていました。

色はタイ人に一番人気があるという「ゴールド」にしました。


この日の為替レートで日本円に換算すると、17,000円弱でした。

※実際にカード会社から来た請求は17,699円です。
 ここからVAT還付の250バーツを引くと、17,000円弱です。





優先順位2位 ★カメラ機能


・背面1,300万画素、全面500万画素

・第一候補のZenFone Selfieと同等の撮影モード機能があります。



優先順位3位 ★Dual SIM


・タイ(One-2-Call)と日本のSIMを同時に使うので必須。

隣の建物の同じ3階にあるAISに行って、SIMを交換してもらいました。

一番奥のカウンターで手続きをしてくれ、無料でした。




優先順位4位 ★Dual Standby


・Dual Activeが希望でしたが、希望価格帯では見つかりませんでした。
※8月まではSBを解約できないので、日本で本当にDual Standbyが可能かは
  8月まで確認できません。


優先順位5位 ★TVチューナー



・タイも日本でもちゃんと見れました。※アンテナは付属しています。

バンコクでは26チャンネル受信

日本(千葉県内)では8チャンネル受信


・世界中の多くの国(100ケ国?)に行っても、現地のTVが見れるらしいですが、
  選択画面では 11ケ国しか出てきません。


ブラジル、インド、インドネシア、日本、マレージア、ミャンマー、フィリピン、
シンガポール、台湾、タイ、ベトナム。

何かやり方があるのかもしれませんが、タイと日本が見れればOKです!

付属のアンテナを接続しまいと見れません。

他にも対応バンドの多さも魅力でした。
特に3Gの2100MHzにも対応しているので、タイでは便利そうです。


そして、SIM1、SIM2とも2G/3G/4Gに対応しています。


目の保護としてブルーライトフィルター機能を標準で搭載しているのもGoodです。



待ち受けメインでゲームはしないので、画面がFull HDでなく、HDでも気になりません。
今のままでも十分綺麗に見えます。

Wi-Fiが802.11b/g/n だけでも問題ありません。

たった一つの不満は、画面に指紋が付きやすいこと・・・
これも専用の強化ガラスを買ったのでクリアです。


ASUS ZenFone Go ZB551KL 手帳型 ケース ZenFone ...
価格:1580円(税込、送料無料)



ZenFone GO ZB551KL 強化ガラスフィルム ZenFone GO ...
価格:780円(税込、送料無料)




TVを見る時に便利な、スタンド機能付き専用ケースも購入しました。




訪タイ前に検討していた他のスマホ機種は・・・

バンコクでスマホを探し回るまで、ZenFone Go TVは知りませんでした・・・

1・ZenFone Selfie  7,990バーツ  ※在庫がないお店が多かったです。

2・honor6 Plus   11,000バーツ ※MBKで9,000Bまで値下げできた店あり。

2・ZenFone Max    6,490バーツ‏

4・Huawei P9 lite   8,990バーツ


最近ブログの写真がまともに近づいたな!と思った方、それはこのスマホで撮影
した分です。まだ機能を使いこなせていないので、これから覚えていきますね。


注意

タイで購入すると、コンセントプラグの形状が違います。


変換プラグはホームプロなどで購入できます。
1個16バーツと記載がありますが、レジでは1個13バーツでした?
不良品が怖いので、3個買いました。日本円だと1個40円弱です。


→ ZenFone Go TV ‏(ZB551KL)


1万円台のスマホを探している方におすすめです!

もちろん、タイ語・日本語の同時使用可能です。

次は格安SIMを探します。
現在の候補は楽天モバイルかフリーテル。
通話メインなのでフリーテルの段階別料金の方が安くすむかも?
MNPしたいので8月まで待たなければなりません・・・


関連ページ
→ タイでも使えるスマホを買いたい

→ スワンナプーム空港でVAT還付

★面白かった、役に立ったと思ったらクリックお願いします。→ → →


4 件のコメント:

  1. 自分も検討しましたが、残念なのはAndroid 6.0をサポートしない点でしょうか。そのため私はZenFone 2 Laserにしました。TVチューナーはありませんが、5インチが最安4500Bでした。

    返信削除
    返信
    1. kenさん、コメントありがとうございます。
      購入前に調べてみたのですが、Android6.0にアップデートされる
      可能性もあるみたいなので、それに期待します。

      ZenFone 2 Laserはタイのカタログでは5,090バーツですから、
      だいぶお得に買われましたね!

      削除
  2. 私は楽天モバイルで端末と通話シムでMNPしました。
    まだ2年縛り1年前でしたが月の料金を考えると解約料、約1万円はすぐ取り戻せますね。

    Dual SIMの方が差し替えを考えると良いですね。(先月のタイ旅行でnanoSIMなので取り付けに苦労しました)

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      楽天モバイルは私が検討していた機種が半額キャンペーン中で、
      ずっと悩んでいました。
      でも、Dual SIMとDual Standbyが良くてタイで探しました。
      通話SIMは楽天モバイルにするかもしれません。

      削除