2015年2月7日土曜日

タイで年配者向けシェアハウスを・・・

★タイで移住・ロングステイをしたい年配者の方、シェアハウスって興味ありますか?



タイでもシェアハウスが増えていますが、現地採用者か短期滞在者向けが多いですよね。


移住・ロングステイ業者では良い物件を多数紹介してくれますが金額が高いですよね!
タイではそんなにお金をかけなくても快適に暮らせるのに・・・、と思っていました。

私がタイで生活している時は、月20,000バーツ(約6万円)でしたが、初めてタイで生活
する方には難しいと思います。


最低限アパートにエレベーター、エアコン、温水器があり日本人が快適に住めて、
家賃が4,000~5,000バーツの格安アパートは少ないですし、探すのが大変ですよね。

家賃1~2万バーツであれば選択肢は広がりますが、最低限、月に10~12万円は必要かな?
スクムヴィット地区のように家賃を4~8万バーツも支払うのはもったいないですよね!


せっかくタイで暮らすのですから、快適に、そしてちょっと贅沢に暮らしてみたくはないですか?

今回はそんな暮らしができそうなシェアハウス物件を探してみました。

3~4組で1軒屋を借りれば、意外と安く豪邸に住めるんですよ!
共同生活ですので多少の制約はありますが、メリットも多いと思います。


最初の1軒目には私も住もうと思い、物件を探しています。

海外生活に不安がある方、単身では不安な方・・・
ビザ・病院・買い物・観光など、タイ生活でお困りのことはサポートできます。
※介護ホームではありませんので、誤解しないでくださいね。


まだ先のお話ですが、現在の物件候補を紹介しますね・・・
今回はちょっと豪華な物件ですが、1万バーツ以内の格安物件もあります。

 

★ 一軒目はプール・庭園付きでタイコロニアルスタイルの白亜の豪邸



こんな家に住んでみたいですね・・・


この物件はチャオプラヤー川の近くにあります。




広めのお部屋はご夫婦で利用しても十分な広さですね・・・



この物件には4部屋ありますので、家賃は1部屋3万バーツ位です。
でも維持費がかかりそうですね・・・

このままプチホテルとしても営業できそうですね。



★ 2軒目はプール付きの小さなお城みたいな豪邸




女性が好みそうな物件ですね。


この物件はオンヌットにあります。





この物件も4部屋ありますので、家賃は1部屋3万バーツ位です。
ここは庭園が無いので、維持費もほとんど必要なさそうですね・・・



★ 三軒目はプール付きタウンハウス(床面積400㎡)




プールを望む広めのテラスが気持ちよさそうですね!


使いやすそうなキッチンです。



この物件はラマ3地区にあります。




この物件も4部屋あり、家賃は1部屋15,000万バーツ位です。
ここは維持費が必要なさそうですね・・・



★ 4軒目はフアヒンの観光名所「カオ・タキアップ」の1軒屋



海まで300mの物件です。






この物件は5部屋ありますので、家賃は1部屋12,000バーツ位です。
カオ・タキアップについては下記の観光ガイドを見て下さい。
→ http://www.cool-bangkok.com/sightseeing/sightseeing.php?id=00959



★ 5軒目はプーケットの豪華タイハウス



プーケットタウンとパトンビーチの中間にあります。






この物件は3部屋あり、家賃は1部屋30,000バーツ位です。
でもここは車がないと生活に不便な場所です。

ちなみに買い取ると約7,000万円です。



★ 番外編  オン・ザ・ビーチの一軒家



フアヒンの手前、チャームにある物件です。




海にすぐに出られるのが魅力ですね・・・


この物件は2部屋あり、家賃は1棟で12,000バーツです。
ここはシェアハウスではなく、私が個人で住みたい物件です。

シェアハウスの方々と共同で利用するのも良いですね。
将来的にはカンチャナブリー、チェンライ、チュムポーンでもシェアハウスを探し、
希望者は引越しできるようにしたいですね。
カンチャナブリー、チェンライ、チュムポーンには温泉もあります。


同じ場所にいると飽きますから・・・
私は毎年のように引越ししていましたし・・・




定年後、タイに移住やロングステイを考えてる皆さん、このようなタイ生活は如何ですか?
単身の方、ご夫婦の方、シェアハウスに興味がありましたら連絡下さいね。
→ jtm-bangkok@hotmail.com

※介護ホームではありませんので、誤解しないでくださいね。


まだ具体的ではないですが、2~3組の希望者があれば本格的に進めたいと思います。
廃業したホテルもいくつか見つけてあるのですが、賃貸で借りられる物件がないんです。
ホテルであればもっと人数も増やせ、家賃も安くなるのですが・・・


これとは別にタイでの介護ビジネスや生活支援ビジネスの話もあるのですが、
こちらはもう少し具体的になったら紹介しますね。



★1日1回クリックお願いします  → → → 



0 件のコメント:

コメントを投稿