← 年会費$399のプライオリティパスが無料でGetできます!

2014年2月10日月曜日

管理人のメモ下記★タイ移住のきっかけ

★タイに移住するきっかけとなった、スリランカへのプチ英会話留学のお話です。


唯一の想い出の品

海外で働く事を決意し、長年勤めた会社を退職しました。今から10年前のことです。
最初に考えたのが全く知らない国に2~3週間滞在し、日本以外で本当に生活できるのか
確認したかったのと、英語の勉強もしたかったのでスリランカを選びました。

スリランカは英国英語が格安で勉強出来る国でしたので、当時東京の五反田にあった
㈱ジャパンテグラをネットで探して申込みました。



スリランカ滞在は2003年12月20日から2004年1月9日の3週間。
費用は宿泊代・英語マンツーマンレッスン代・食事代で、約14万円だったと思います。
航空券は成田ーバンコク、バンコクースリランカ(キャセイパシフィック)を自分で手配しました。

ホテル前のビーチ

ここの特徴はリゾートホテルに滞在しながら、ホテル内でマンツーマンでレッスンが
受けられることでした。
午前中3時間、午後3時間のレッスンがあり、希望すれば街中散策授業も可能です。
レッスンには美味しいスリランカのミルクティが飲み放題です。

担当の先生

英語力の低い私には、グループで勉強するより気が楽で、アメリカやオーストラリアなどと
料金を比較したら、半額以下でしたので即決でした。

ホテル客室のテラス

場所はコロンボから約1時間、空港から20分のビーチリゾート地「ニゴンボ」。
この地のBrowns Beach Hotelに滞在しました。

滞在した部屋

Browns Beach Hotel 内には日本からの英会話留学生の面倒を見てくれる、
セントテレサ・ローズガーデンという会社があって、空港送迎や観光など、
スリランカ滞在中の面倒を見てくれます。


私が行った時はリピーター6割、初めての人が4割くらいで20名くらいいました。
慣れている人が多いので、困ったときは色々教えてくれました。

自由時間もたっぷりあるので、プールで泳いだり、街を散歩したり、先生や知り合いに
なった現地人の家に遊びに行ったりしていました。



当時のニゴンボは、冷蔵庫がホテルの厨房くらいにしかなく、タバコも屋台で1本売り。
カルチャーショックを受けました。生活物価もタイよりはるかに安いです。

クリスマス 雪だるまとローソクのサービス

クリスマスとお正月にはホテル主催のパーティーにも無料参加でき、とても楽しかったです。


2004年カウントダウンパーティー

現在は取り扱い会社の名称や、滞在ホテルは変わっていますが、英会話留学を
検討されている方におすすめです。
各人のレベルにあった先生を手配してくれます。


問い合わせ先:
AZ(アズ)トラベル&スタディ

RWT ローズ・ウイング・トラベル(旧セントテレサ・ローズガーデン


Browns Beach Hotel ( Negombo, Sri Lanka )




このスリランカ滞在の前後に、バンコクでそれぞれ数日を過ごしました。
スリランカに比べ、バンコクは大都会で便利です。
しかも大好きな高級ホテルに安く泊まれ、日本語も多少通じますので、
移住するならタイ・バンコクにしようと思いました。

その後5年間、移住の準備をしながらタイに十数回来て、就職先探しや、
タイ語の勉強などをしていました。

もしスリランカに行っていなければ、上海(蘇州)に行っていたと思います。
海外の就職先を探していて、上海(蘇州)の会社から内定をもらっていたのです。

タイに移住して6年目、今思えばスリランカが私の転機だったんですね。



★1日1回クリックお願いします ★
     

13 件のコメント:

  1. 海外で住みたい、生活したいと考える方は多いですよね。
    でも結局はその方の行動力が全てではないでしょうか。
    管理人さんは行動力が素晴らしいですね。
    私も見習いたいです。

    海外で生活をなさって、何か感想はありませんか?

    返信削除
    返信
    1. タカさん、こんばんは。
      移住前は不安より希望の方が強かったです。
      最近のタイは住む地域を限定すれば、日本とさほど変わらないです。
      私はそれが嫌で、他県やローカル地域を転々としています。
      将来はラオスやミャンマーにも住んでみたいと思っています。

      削除
  2. 25年前にSTGに参加した者です。当時はペガサスリーフホテルでした。
    色々思い出が蘇りました、ありがとう。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      STGは良い思い出がいっぱいです。
      ぜひ多くの人に行ってもらいたいですね・・・

      削除
    2. 匿名の者です。笑
      星野さんご夫婦はお元気でしたか。
      のんびりとした時間を過ごしましたね。スリランカの国内旅行、そしてモルディブにも行きました。
      当時は内戦状態でしたね。コロンボ近郊のマウントラビニアホテルは風情がありました。
      南アジアの独特な空間に身を置くことが出来て幸福な経験でした。
      モンスーンの荒々しい波が印象的でした。

      削除
    3. 匿名さん、こんばんは。
      星野さんは旦那さんしか記憶に残ってません。
      あまりお会いすることが無かったです。
      私もモルディブに行きたかったのですが、年末年始だったので予約取れませんでした。
      唯一行ったのはコロンボのヒルトンホテルで、おせち料理を食べに行ったくらいでした。

      削除
    4. ブログを見て懐かしくなりRWTにメールを送りAZトラベルにTELしてみましたがコールのみでメールの返信もありません。
      業務が不振なのかもしれませんね。
      時代も変わり雇用形態も変化して昔に比べ余裕がなくなりましたからね。
      あくまでも推測ですが。

      削除
    5. 気になったので調べてみたら、アズトラベルから大南トラベルになっていました。
      ホテルステイのレッスンも無くなってしまったようですね・・・
      残念です・・・

      削除
    6. こんにちは、返信ありがとうございます。
      なんとなく気になりもしかして星野さんはご健在かと思い上記のRWTに国際電話をしてみたら出た女性はRWTでもないしMR HOSHINOも知らない、ロングナンバーだという事でした。まあ星野さんも多分60代後半以上でしょうからお元気ならリタイヤされているのかもしれませんね。
      自分がSTGに参加した時もリピーターの方がいられてスリランカは仏教国でもあるのでやはり癒されるのでしょうね。
      当時スリランカンの先生方の話題はNHKの「おしん」でした。
      「OSHIN SHE WENT TO THE YAMAGATA]などと会話されていて驚きました。
      あの時は1ルピーが4円、今は1.5円ですから25年前はあまり物価の安さはかんじませんでした。小国ですからバンドエイドなどは輸入品でジョンソンエンドジョンソンの本当に小さな小箱が2ドル50セントでした。
      日本では百均で山ほど買えましたけどね。
      すべては遠い思い出になりました。笑

      削除
    7. 訂正です。
      1円が約1.5ルピーでした。
      当時に比べたら価値は6分の1?かな!
      随分と下がりましたね。

      削除
    8. 私が参加した時の参加者は20人位で、そのうち半数以上はリピーターの方でした。
      最近は参加者が少なくなっていたのでしょうか?

      タイよりも物価が安かったですが、お金を使う場所がありませんでした・・・

      このまま思い出になってしまうのは寂しい気もします。

      削除
  3. 爆報フライデー あの人は今・・・
    しっつこくスリランカ関連情報です。先日旧AZトラベル現大南トラベルの高橋真弓さんと連絡がとれてニゴンボのホテルの急騰につきホテルステイの英語研修は休止中だそうです。
    星野さんは現在70歳で年金で悠々自適の生活でホームステイをしたりしているそうです。
    我々はいい時にスリランカに滞在できたんですね。
    貴殿が滞在していたブラウンビーチホテルはヘリタンスホテルになり朝食付きで一泊1万円でした。
    今英語研修はフィリピンが費用を考えるといいんでしょうかね。笑

    返信削除
    返信
    1. yorkさん、おはようございます。
      スリランカの続報ありがとうございます。
      私も気になっていましたので、詳細が分かって嬉しいです。
      ブラウンビーチホテルが1万円ですか!
      当時の倍以上になってしまったのですね・・・
      私たちは本当に良い時期に行っていたのですね!!!

      削除