2014年1月8日水曜日

タイの就職情報サイトの効果は・・・

★ towaiwai.comでタイ人の日本語通訳・翻訳者を募集してみました。



先月ご紹介したタイ人日本語通訳・翻訳者の探し方の中から towaiwai.com で、
実際に日本語通訳・翻訳者の募集を行ってみました。
結果は・・・

今回は日本の知人に頼まれて、代理掲載をしました。

募集内容はパートタイム・在宅勤務にし、問い合わせは日本語でとしておきました。

掲載直後から問い合わせメールが届き始め、翌日20通を超えた所で掲載を削除しました。
何故か削除した後も、1週間くらい問い合わせメールが届きます・・・?
口コミで広がっているのでしょうか???


返信作業が100通近くになり、大変な目にあってしまいました。
1人につき1~5通、平均3通も返信しなければならなかったです。


★受信したメールの分類と、その対応


応募者の割合は、フリーランス40%、在職中の副業20%、就職活動中(転職)40%でした。

①タイ語・英語で問い合わせのメール
→ 日本語で「お問い合せは日本語でお願いします」と返信しました。


②日本語で問い合わせのメール
→ 質問に答え返信


③日本語で日本語の履歴書が添付されたメール
→ 日本語検定1級保有者と、2級保有者でメール文章が良かった人以外はお断りの返信
   ※応募の際の文章は定型文を使って、日本人並みの文章で送ってきます。
     予想外の質問をしてみて下さい。その方の本当の日本語力が分かります。


④日本語で英語のレジュメが添付されたメール
→ ③に同じ


⑤英語で英語のレジュメが添付されたメール
→ 日本語で「お問い合せは日本語でお願いします」と返信しました。
   ※日本語の文章力を確認するため。


★応募者の特徴


3割の人は、日本の履歴書のフォーマットで記入していました。

履歴書・レジュメを添付しますとなっていても、添付忘れも多かったです。
日本で就職したいので、どこか紹介して欲しいとのメールや、名前なしメール、
断っても、2度3度と売り込んでくる方、履歴書の写真でピースサインをしている方もいました。


応募者の80%は日本語検定1級または2級保有者で、証書を添付してくる人が多かったです。
日本在住のタイ人からも数名の応募がありました。

ほとんどの方が日系企業で通訳などの勤務経験者で、どなたも転職回数が多いです。


★人材確保

チュラロンコン大卒の1級保有者、日本留学経験がある1級保有者の2名を確保、
他に日本語文章力が高そうな1級・2級保有者3名も予備で確保してます。




予想より応募が多く、優秀な人材が確保できたと思います。

towaiwai.comでの人材募集は無料で、効果抜群でした。


フリーランスの方を抑ええておけば、必要な時だけ通訳・翻訳を依頼でき、
毎月のコストもかかりません。

募集広告費0、維持費0です。

これからタイ人日本語通訳・翻訳を探される方、towaiwai.com おすすめです!

日本在住のタイ人募集にも有効です。

他のWebサイトは、タイ人日本語通訳・翻訳者の探し方を見て下さい。


※もし、お急ぎで探されている方がおりましたら、今回応募頂いた方の紹介も可能です。
  もちろん、このブログの読者の方ですので、無料で紹介しますのでお気軽にどうぞ・・・。



★1日1回クリックお願いします ★
     

0 件のコメント:

コメントを投稿