← 年会費$399のプライオリティパスが無料でGetできます!

2014年1月12日日曜日

タイの蚊取り線香と某病院の実態

★タイの蚊取り線香、5種類の香りから選べる「アース渦巻香」を紹介します。



昨年12月に蚊が大量発生し、中旬以降の気温低下で姿を消していたのですが、
年が明け、また蚊が増え始めました。

蚊と某病院は大嫌いです。何故かは蚊取り線香の後でお話ししますね。

竹・ラベンダー・桜・抹茶・檜の5種類の香りがあります。


1箱(10回分) 12バーツ

今回購入したのは、ラベンダーと桜。
檜を買いたかったのですが、Big-Cにはありませんでした。


ラベンダーの香り?ではないですね。
臭くもなく、あまり気にならない香りとしか言えないです。

部屋に煙が充満しますので、多少目がしみる程度です。

殺傷能力は低いですが、蚊は近寄って来なくなりました。
蚊を見つけても弱っているので、簡単に潰せます。
1日に潰す蚊は10数匹、実際に血を吸われている蚊の割合は2~3割くらいです。

タイの殺虫効果の高い殺虫剤を使うと、その瞬間から頭が痛くなり、吐き気がします。
無臭タイプもありますが、逆に怖くて使えないです。人間にも害が及びます。

ですので、スプレータイプより、この蚊取り線香くらいが丁度良いです。


約7時間で、最後まで燃え尽きます。


アースケミカル(タイランド) ARS Chemical (Thailand) Co., LTD.

アース渦巻香の商品ページはこちらです。 




タイの蚊は怖いですよ!

国立感染症研究所ウイルス第一部 第2室の発表によると、2013年の
タイのテング熱患者数は26,067名(内、死亡33名)です。

実際はもっと多いはずです。

私も2年前、テング熱らしきものを発症しています。

デング熱は、ヤブカ属の中でも特にネッタイシマ蚊によって媒介されるデングウイルスが
原因の感染症であり、熱帯病の一つです。

一過性の熱性疾患で、症状には発熱・頭痛・筋肉痛・関節痛・はしかの症状に似た
特徴的な皮膚発疹
もあります。

稀ですが、生命を脅かすデング出血熱に発展することもあるそうです。

このウイルスには4つの異なる型があり、ある型に感染すると、その型に対する終生免疫が
できますが、他の型に対する免疫は短期間にとどまります。
また、異なる型に続けて感染すると、重度の合併症のリスクが高まるそうです。
 <ウィキペディアより抜粋>


発症すると、発熱、全身の関節痛、皮膚発疹が起こり、とても辛いです。
目も虚ろで、頭もクラクラしながら働いていました。

そう、この時は疲れで風邪をこじらせたと思っていたのです。
発症から3日目頃に腕と脚に発疹が多数あるのに気が付き、ネットで調べたら・・・

テング熱の症状と合致

熱も下がり始め、体調も回復し始めていたのですが発疹が気になり、
評判が悪いとと知りつつ、時間が無かったので一番近い病院に行ったのが間違いでした。


病院の日本人専用受付で、

どうしましたか?・・・症状を説明。
保険証持ってますか?・・・持ってた保険カードを渡す。
2~3日入院しますか?・・・入院しません、これから仕事です。
どうしますか?・・・症状を再度説明し、テング熱の検査をお願いします。

と伝えたのですが、何故か案内されたのは皮膚科


何の検査もしないで、30秒で女医が出した診断は水疱瘡(みずぼうそう)です。
もう治り掛けているなら帰ってもいいですよ・・・とのこと。

水疱瘡の訳ない!と思いながらも、テング熱との確証も持てず・・・



水疱瘡の可能性も否定しませんが、なぜテング熱の検査をしてくれなかったのか???
水疱瘡とは、発疹の数も症状もちょっと違うし、なにより周りに感染する可能性も・・・
でも大病院の先生が言うのだから仕方ないです・・・

支払い時も、保険手続きの案内がなく、約2,000バーツが全額自己負担になりました。
最初に言わなければ手続き出来ないと、言うようなことを言われました。
ここは納得できないことばかりの病院です。
病院自体の体質なのか、通訳の仕方が悪いのか、入院しなかったからなのか・・・


それ以降、サミティベート病院には行っていません。



★1日1回クリックお願いします ★
     

0 件のコメント:

コメントを投稿